独身貴族の風俗ライフ

 >  > 大衆店を利用してみた

大衆店を利用してみた

僕は、元々デリヘルで男性スタッフとして働いていた経験があります。その経験を活かして、自分でデリヘル遊びをするときは、電話先のデリヘルスタッフと駆け引きを楽しんでいます。できるだけ待ち時間が少ないような物言いをしてみると、本当に待ち時間が少なく済んでいるので、これは自分の経験が活きていると実感しています。先日、平日の夜に、大衆店のデリヘルを利用しました。僕は基本的にホテルに入ってからお店に連絡をするようにしています。スタッフに時間がないから急いで欲しいと伝えると、よっぽどのことが無い限り、15分くらいで、女の子が到着します。でも、実際はホテルに宿泊でチェックインしているので、どれだけ遅くても問題ありません。そう男性スタッフに電話口で伝えるだけで、早急に女の子がやってくるのです。お店としても、できるだけ客を逃したくない気持ちがあるんでしょう。ただ、その日やってきた女の子は、かなり太めで、プレイは超淡白で全然盛り上がりませんでした。

シックスナインで同時逝きになりました

デリヘル嬢を攻めます。まずはうなじ、それからデコルテ周りから攻めて、形の良い爆乳おっぱいへ・・。女の子の反応も感度良好の陽当たり良好です。爆乳おっぱいを十分に満喫させてもらって、いよいよおまんこへ到達です。ソフトに触るだけでしっとり濡れてきて、デリヘル嬢のよがり鳴きも次第に大きくなってきます。しかし、あまりにも女の子の反応が良過ぎる為に、私も女の子への攻撃にエキサイトしまくったために時間配分を間違えて残り時間が少なくなってしまいました。延長はできそうもないので、ここでお互いが攻めやすいようにシックスナインをリクエストして、高まってきたらスマタに移行して発射・・というストーリーを描きます。女の子が私に形の良い小ぶりなおケツをこちらにむけてフェラチオを始めてくれました。私はおまんこ臭を嗅いで気絶しそうになりながら一心不乱にクンニです。ここで女の子が早くも逝ってしまい、ぷーんとしたケモノの匂いが充満します。それに興奮したのか私のちんこも盛り上がってきてここで一気の発射となりました。スマタまで到達しませんでしたね。

[ 2015-12-06 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ